Shun's Blog

Shunのブログ

Shun’s Blogは映画監督、絵本作家、映像ディレクターのShunのブログです。旅の様子やカメラ機材レビュー、撮影秘話など僕の日常で感じた事などを綴ります。(*ここは個人的な楽しみとしての私見での執筆です。会社としての意見ではありません。)

僕が今使っているSONY RX0 IIのピクチャープロファイル

Shun's Blog - Shunのブログ

SONYのRX0IIの画の質を決める「ピクチャープロファイル」の設定について。記事を読むREAD>>

動画機として「SONY RX0II」を使い倒す撮影方法!機能&購入レビュー等まとめ

All about "sony RX0II - Shunのブログ

ソニーから出た1型のイメージセンサーでモニターを搭載した、世界最小・最軽量のRX0IIを最強ビデオカメラとして使いこなす方法やお役立ち機材等をまとめます。記事を読むREAD>>

空撮用マルチコプター・ドローンでの撮影

All about flying a "drone" - Shunのブログ

僕がドローンで撮影を開始したのは、2013年。CMやPVなどの映像で幾度もドローンのショットを実際に操縦、撮影してきて僕なりの失敗や成功があったので、ここにその経験を踏まえたお役立ち情報などをまとめていこうと思います。少しでもみなさんの役に立てばいいなと思います。記事を読むREAD>>

動画機としての「SONY α6300 & α6400」撮影方法

All about "α6300 & α6400" - Shunのブログ

4Kも撮れる、しかもフィルムメーカーには嬉しいスーパー35mmのCMOSセンサーが搭載された「Sony α6300」というカメラを動画撮影専用機として使うための情報をまとめます。記事を読むREAD>>

ヴログVlogって何?これが本当のユーチューバー!オススメヴログをまとめて紹介!

What in the world is "vlog"?- Shunのブログ

映像系のアーティスト達が、まさに映像を息をする様に日々作る映像日記『ヴログ』についてここでまとめて行こうと思います。記事を読むREAD>>

【Vlog】Shun's Vlog しゅんのヴログ

6 years celebration Vlog! - Shunのブログ

社長ヴログのシンガポール、ハワイ、中国、インドネシア編などをまとめています。一緒に行った事のない場所へ行こう!!記事を読むREAD>>


RX0 II

映像制作者にとって嬉しいlog撮影や4Kでの撮影が可能なカメラ「Sony RX0 II (DSC-RX0M2)」を動画撮影専用機として使うための情報をまとめます。記事を読むREAD MORE>>

Blogドローンでの撮影

僕がドローンで撮影を開始したのは、2013年。当時はまだ初代のDJI Phantomが日本に来てなくてアメリカから取り寄せて、READ MORE>>

Sony a6300

一眼レフCanon 5DMark2がデジタルフィルムメイキングの世界を変えて、数年、、、映画制作のカメラも READ MORE>>

お薦めの撮影機材

READ MORE>>


Shun's Vlog しゅんのヴログ

Aerial Video ドローン空撮

Shunsuke Filmでは2013年日本でもドローンという言葉が流行る前から日本でいち早くクワッドコプターによる空撮を開始。様々なサイトに取り上げられ、ドローン教室で映像をお手本として採用していだだいています。Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Deserunt, at.

「ぼく ぷんちゃん」

著:手嶌俊輔 絵:初見寧 読み聞かせ:アンナ

絵本をアマゾンで買う

Contact Us

株式会社 Shunsuke Film
福岡県春日市若葉台西6-94-2#403

Shunsuke Film Inc.
Wakabadainishi6-94-2#403, Kasuga City, FUKUOKA, JAPAN
(092) 571-0075

Social

About Us

Shunsuke Film Inc. is an international film production/ entertainment contents creation company in Japan. We believe in power of dream and imagination.

株式会社Shunsuke Filmは映画、映像、音楽、タレントマネジメントを通して、エンターテイメントコンテンツを発信する会社です。皆さんに楽しさをお届けするための夢と想像力を大切にしています。

- Shunsuke Teshima


Shunsuke Film Inc. All rights reserved.