Shun Blog

00

空撮用マルチコプター・ドローンでの撮影

All about flying a "drone"

僕がドローンで撮影を開始したのは、2013年。当時はまだ初代のDJI Phantomが日本に来てなくてアメリカから取り寄せて、情報も少なかったりしました。あれから3年、CMやPVなどの映像で幾度もドローンのショットを実際に操縦、撮影してきて僕なりの失敗や成功があったので、ここにその経験を踏まえたお役立ち情報などをまとめていこうと思います。少しでもみなさんの役に立てばいいなと思います。

I have been flying drones for more than 3 years and I experienced successes and failures while shooting. This is a place to share information based on my experience.

もくじ

 

  • ドローンとは?撮影用のドローン
  • 撮影用クアッドコプターDJI Phantom
  • Phantomで撮影した映像例
  • さまざまなショット例
  • お役立ち情報、簡単カスタム
  • 撮影時に意外に便利なグッズ!
  • おススメのドローン&グッズ
  • ドローン関連リンク
  • DJI Mavic Pro

 

 

 

手嶌俊輔 Shun

 

映画監督/株式会社Shunsuke Film代表取締役社長/Photographer/翻訳/絵コンテアーティスト/元LOVE FMニュースエディター/FM77.7TTS番組ディレクター/映像クリエイター/絵本作家

アメリカで映画製作を学び、帰国後も世界各地のアーティストやタレント、モデルと映像制作や映画製作を行っている。スターウォーズが好き。

Shot by Yasu Yuu

空撮用のドローンとは? What is a "drone" ?

「ドローン」という言葉が一般的になったのはニュースで悪戯に取り上げられた近年の事で、変なイメージがつきましたが、そもそも「ドローン」=”Drone”とは、オスのミツバチ、そこから派生した無人飛行機の事、特に軍事用の飛行機のイメージが強いです。一方、今話題になっているのは、GPSが付いていて、プロペラが4つ(もしくはそれ以上)あるマルチコプター型の「空飛ぶコンピューター」の「ドローン」です。

 

 

そのドローンも話題になってから、たくさんの種類が出ていますが、ここでお話するのは、「撮影用のマルチコプター」としての「ドローン」。撮影用のドローンも①カメラが搭載されていないものにGoProから大きいカメラまで搭載するタイプと②「カメラ」とカメラの揺れを緩和するステディカムのような「ギンバル」が最初から搭載されているタイプと2種類あります。僕は、最近はカメラが搭載されているタイプの「DJI Phantom3 Advanced」というドローンを使っています。

 

僕がドローンで撮影を開始したのは、2013年。当時は、まだ初代のDJI Phantomが日本に来てなくて早く買うためにアメリカから取り寄せました。この初代Phantomは小型カメラのGoProを載せることが出来るタイプでした、カメラを安定させるギンバルは付いてません。でも最初にDJIのプロモーション動画を見た時は、本当に衝撃的で、空撮映像が安定しているし、GPSが搭載されていて自分の所に戻ってくるなんて、すごい!と思ったものです。

 

 

Drone refers to "drone" = a male bee, or unmanned aerial vehicle.

 

空撮用クワッドコプターDJI Phantom

(↑ファントムで撮影した映像。DJIのオフィシャル動画より。)

 

撮影用のドローンの中でも最先端を行く、革新的なDJI Innovationという会社の空撮用クワッドコプター、Phantomシリーズを紹介します。DJIはPhantomをドローンではなく、「空撮用のインテリジェントカメラ」と呼んでいます。そう、フィルムメーカーのための飛ぶカメラとしての位置付けです。(http://www.dji.com/jp)僕が使っているドローンでもあるし、とても使いやすく高機能のドローンとして有名なので紹介します。

 

Phantomの特徴としては、GPSとなどを駆使して現在位置を把握しているので、精密にホバーリング、離陸地点を記録できるので、自動的に戻って来るリターントゥホーム機能など便利です。

 

(↓以下は最新機種のPhantom 4)

 

DJI Phantomで初めて撮影した動画。

▲友達のブライアンと一緒に、公園で初めて飛ばした動画です。この初代Phantomは、GoProを載せて撮影するスタイルでGoProからの映像もモニタリングできない(今では考えられませんが、、)で、やみくもに飛ばす!という感じです。目視しながら、今こんな感じかなと予想しながら飛ばしていました。

 

GoProの超広角の映像だからこそ、揺れがそこまで目立たないですが、カメラをドローンに直接くっつけるだけだとやはり揺れます。

DJI Phantomで撮影した最近の動画。

さまざまなショットの例 Many kinds of aerial shots

お役立ち情報、簡単カスタム Customize  and Tips

撮影時に便利なグッズ Useful stuff for Phantom

おまけ Extras

▼Phantomを作っているDJIのイベントに参加してきました。DJIは定期的にいろいろなセミナーやイベントも行っているので、気になる方はチェックして見てね。

Phantom以外にもDJIの機体があります。新しく出た「DJI Mavic Pro」については、こちらにまとめました。

<キーワード>

空撮、ドローン、クワッドコプター、動画、一眼レフカメラ、撮影方法

About Us: Shunsuke Film is an international film production/ entertainment contents creation company in Japan. We believe in power of dream and imagination. 株式会社Shunsuke Filmは映画、映像、音楽、タレントマネジメントを通して、エンターテイメントコンテンツを発信する会社です。皆さんに楽しさをお届けするための夢と想像力を大切にしています。

© 2015 Shunsuke Film Inc. 株式会社Shunsuke Film