Shun Blog

00

動画機として「SONY RX0II」を使い倒す撮影方法、機能、購入レビューなどまとめ

All about "sony RX0II"

ソニーのテクノロジーを超小型ボディに結集し、映像制作者にとって嬉しいlog撮影や4Kでの撮影が可能なカメラ「Sony RX0 II (DSC-RX0M2)」を動画撮影専用機として使うための情報をまとめます。お役立ち情報、レビュー、周辺機器、面白い撮影方法なども。

●「動画機としてのRX0 II」もくじ

 

  • RX0 IIとは?
  • 同時購入したいお役立ち周辺機材!
  • どのカメラを買う?GoProと比較など
  • RX0 IIを動画専用機として使う方法①(*実機が手に入り次第執筆予定)
  • RX0 IIを動画専用機として使う②上級編(*実機が手に入り次第執筆予定)
  • レビューなど参考動画まとめ

 

 

 

Sony RX0 IIとは? What is a "Sony RX0 II" ?

手嶌俊輔 Shun

 

映画監督/株式会社Shunsuke Film代表取締役社長/Photographer/翻訳/絵コンテアーティスト/元LOVE FMニュースエディター/FM77.7TTS番組ディレクター/映像クリエイター/絵本作家

アメリカで映画製作を学び、帰国後も世界各地のアーティストやタレント、モデルと映像制作や映画製作を行っている。スターウォーズが好き。

いやー久々に「欲しい!」という機材が現れました!

"小型堅牢ボディに高画質性能を凝縮。

写真・動画をさまざまなフィールドで"とソニーが謳う、

 

簡単に説明すると

 

1.0型イメージセンサーと、広角24mmツァイステッサーTレンズを搭載した、4K 30p動画が撮影できる高性能の手乗りちびカメラ!

なんです。

 

さらに、10mの防水・防塵、2.0m耐衝撃、200kgf耐荷重性能もあるらしい。

 

つまり「少々のことじゃめげない」所はGoProと似た所もありますが、マーケティングとか大人の事情で「アクションカム」とは呼ばずに立ち位置は「高級コンデジ」らしいけど、撮影者にはいいカメラを提供してくれたら別にどうでもいい話で。

 

それにしても、近年のソニーのミラーレスや小型カメラ部門は「素晴らしい」の一言です。カメラスペックに関してケチなキ●ノンを蹴散し、撮影者の希望に寄り沿った「欲望を満たすスペック祭り」をしてくれるから皆付いていくのですね。

 

ジェットダイスケさんとソニー公式の動画を見れば、知りたい事が簡単にわかるので、ご覧下さい。↓

全てが小型化高性能化している現代でこのミニさと気軽さ!!

 

「か、買うしかない!!」

 

現在アマゾンでの価格は以下です↓
(悪魔の声:さっさとポチろうぜ)

僕が知りたい動画スペックまとめ:

1.0型(13.2mm x 8.8mm) Exmor RS CMOSセンサー/F4.0/撮影距離約20cm-∞/デジタルズーム約4倍/手ブレ補正/モニター角度上に約180度下に約90度/動画記録フォーマットXAVC S 4K、XAVCS HD、AVCHD規格 Ver.2.0準拠/4K24p 100M(3,840x2,160/24p)/24p 50M(1,920x1,080/960fps)/USB充電・給電可能/

ちっちゃなSony RX0 IIと同時購入したい周辺機材

 

ちっちゃなSony RX0 IIを動画専用に使う方法!①

実機が手に入り次第、執筆予定。

ちっちゃなSony RX0 IIを動画専用に使う方法!②

実機が手に入り次第、執筆予定。

レビューなど参考動画まとめ【サンプル、比較等】

<キーワード>

ソニー、Sony, RX0II, RX0M2,ジンバル、作例、サンプル、動画、撮影方法、カメラ、テスト、スタビライザー、ビデオテスト、ミラーレス一眼、 sony , 4k, camera, test, footage, filmmaking, バッテリー、手振れ補正、ピクチャープロファイル、アクセサリー、インターバル撮影、アクションカム、GoPro、価格、値段、画質、撮影時間、動画撮影、ヴログ

About Us: Shunsuke Film is an international film production/ entertainment contents creation company in Japan. We believe in power of dream and imagination. 株式会社Shunsuke Filmは映画、映像、音楽、タレントマネジメントを通して、エンターテイメントコンテンツを発信する会社です。皆さんに楽しさをお届けするための夢と想像力を大切にしています。

© 2015 Shunsuke Film Inc. 株式会社Shunsuke Film